〒205-0023  東京都羽村市神明台1-23-3
TEL :042-555-1241
開園 昭和50年4月  理事長 島田悦延  園長 鬼塚幸子
平成25年11月 新園舎完成
遊びを中心に”今、大切なこと”を体験する幼稚園!!
隣接する水木公園は、武蔵野の面影を残した雑木林です。春には新緑、秋にはどんぐりや落ち葉のプレゼントが子どもたちに豊かな自然の遊びを提供してくれます。
幼稚園では友達とのかかわりの中から社会生活の基礎を身につけていきます。いろいろな遊びの中で、楽しさ、喜び、充実感を、また葛藤や挫折感なども味わいながら、心ゆたかに、たくましく育っていきます。
子どもは生まれながらにして育つ力を持っていますが、この子らが将来自立できる人になる基礎を養うことを目指して、本園では次のような目標をかかげて保育にあたります。

自己中心の年代(幼児期)ですが、集団生活の中でお互いの立場や心情を尊重することの必要性が理解でき、協調の喜びを知り生活の充実感を味わう。

散漫になりやすい注意力を、友達や保護者(先生)の励ましを受けて持続させてひとつのことを完成する喜びを知る。また、意欲的に取り組もうとする姿勢や意志を育てる。
遊びは子どもの生活のすべてといえます。「子どもは遊びの天才」。
子どもは遊びの中で、感性を磨き、想像力を育て、身体機能を増強させていきます。
保護者(先生)は、子どもたちの興味や関心を大切に、友達との触れ合いを十分経験する場を創り、生涯にわたる心身の発達の基礎を培っていきます。
あせらずに、ひとりひとりの心に寄添いながら一歩一歩あゆんでいく保育、それが富士学院幼稚園です!
 基 本  
幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ、環境を通しておこなうものであることを基本とする。
 目 標  
幼児期における教育は、家庭との連携を図りながら、生涯にわたる人間形成の基礎を培うために大切なものであり、幼稚園は幼稚園教育の基本に基づいて展開される幼稚園生活を通して、生きる力の基礎を育成するよう幼稚園教育の目標の達成に努めなければならない。
(1) 健康、安全で幸福な生活のための基本的な生活習慣・態度を育て、健全な心身の基礎を培うようにすること。
  (2) 人への愛情や信頼感を育て、自立と協同の態度及び道徳性の芽生えを培うようにすること。
  (3) 自然などの身近な事象への興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培うようにすること。
  (4) 日常生活の中で言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり聞いたりする態度や言葉に対する感覚を養うようにすること。
  (5) 多様な体験を通じて豊かな感性を育て、創造性豊かにするようにすること。
 
 ねらい  
  健康
(1) 明るく伸び伸びと行動し、充実感を味わう。
(2) 自分の体を十分に動かし、進んで運動しようとする。
(3) 健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身に付ける。
  人間関係
(1) 幼稚園生活を楽しみ、自分の力で行動することの充実感を味わう。
(2) 進んで身近な人とかかわり、愛情や信頼感をもつ。
(3) 社会生活における望ましい習慣や態度を身に付ける。
  環境
(1) 身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中でその変化に興味や関心をもつ。
(2) 身近な環境に自分からかかわり、発見を楽しんだり、考えたりし、それを生活に取り入れようとする。
(3) 身近な事象を見たり、考えたり、扱ったりする中で、物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。
  言葉
(1) 自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう。
(2) 人の言葉や話などをよく聞き、自分の経験したことや考えたことを話し、 伝え合う喜びを味わう。
(3) 日常生活に必要な言葉が分かるようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、先生や友達と心を通わせる。
  表現
(1) いろいろなものの美しさなどに対する豊かな感性をもつ。
(2) 感じたことや考えたことを自分なりに表現して楽しむ。
(3) 生活の中でイメージを豊かにし、さまざまな表現を楽しむ。
通園バス
Copyright(C) FUjigakuin Youchien All Rights Reserved.